あまり知られていない飛行船の事実

6月 27th, 2014

飛行機やヘリコプターなど空を飛ぶ乗り物はありますが、その中でも飛行船は、人の手によって離陸と着陸をすることが最大の特徴ではないかと思います。
大人数人で、飛行船に繋がったロープのようなものを引っ張り、行います。飛行船の存在は多くの方によく知られていると思いますが、人の手によって離陸・着陸を行うというこの事実は、あまり知られていないのではないかと思います。
また飛行船は、かなりゆっくり空を飛びますので、人を運ぶ乗り物という場合は、空から景色をゆっくり見ることのできる乗り物だと思いますし、また、このゆっくり飛ぶ特徴を活かして、広告として飛ぶことも多いでしょう。
飛ぶ高さもそれほど高いわけではなく、肉眼である程度見れるくらいですので、最近では、大手の保険会社の広告のために、世界的に有名なかわいらしいキャラクターが使われていました。
また、夜もライトアップをして飛ぶこともできますので、昼間とはまた違った感覚で、地上から、飛行船の広告を見れる楽しさもあるでしょう。

飛行船を有意義に使う方法について

6月 18th, 2014

飛行船を有意義に使う方法は空中を飛行しながら宣伝活動をすることや、地上のデータなどを分析する方法であり今後の企業の計画を考えるきっかけにする方法が望ましいです。飛行船は目立つようにデザインを考えて飛行する方法が効果的であり、より多くの人に興味を持ってもらえるようにする方法が効果的です。
飛行船を飛行させるには適切な高さを航行させる方法が望ましく、地上からの見え方などを考えて正しく計画を立てる必要があります。飛行船は飛行させるために多くの経費がかかるために、かかる経費を考えてから効果を出せるように計画を立てる方法が望ましいです。
飛行船は地上から見えるように飛行することで宣伝活動をする方法としても使うことができ、地上のデータを取る方法としても活用できます。飛行船を有意義に使うためには目的を考えることが重要であり、調査する目的などを考えてから方法を選ぶ必要がありかかる費用に見合った効果を出す必要があります。
アドバルーン、ラジコン飛行船なら有限会社メイクス

人々が夢を託した飛行船

6月 15th, 2014

飛行船は、空気より軽い、ヘリウムや水素などの気体をつ機体に封入し、浮力を持たせます。

機体の中の水素が空気中の酸素とすぐに反応し、水素爆発を起こし、ヒンデンブルク号は爆発事故を起こしたのではないかと言われております。
ヒンデンブルク号の事故以来、水素は使われなくなり、かわりに反応性に乏しい希ガスが使われるようになりました。
ヒンデンブルク号の事故の原因は、水素爆発ではなく、塗料に使われていた酸化鉄と酸化アルミニウムの雷によるテルミット反応という説もあります。

日本では、富士フィルム、ニッセン、メットライフアリコなどが飛行船を飛ばして広告活動を行っていたようです。

東京には、過去に、株式会社日本飛行船が保有するNACという観光用の飛行船もあったようです。
遊覧飛行の料金は、60分で6万円強と、かなり割高だったようです。
2010年までは、飛行船を運航して、広告宣伝、航空撮影、地質調査、測量などの事業も行っていたようです。

Subscribe to RSS feed